スキンケアで重要な保湿を考えてみた

肌の調子の良し悪しを判断する際、潤っているかどうかを調べると思うのですが、常日頃スキンケアをしているという方でも、実はあまり肌の状態が良くないということもあるようです。どういうことかというと、表面上の保湿しかできていなく、本当の潤いのある肌ではないこともあるということです。

例えば、潤っているのが肌の表面だけ、お手入れで潤いが出るけど時間が経つと乾燥している、ニキビが出来たり肌がべたついている、頑張ってケアしてもくすむ、洗顔後突っ張ってる、といったような状態になる方は表面上の保湿しかできていない可能性があるので要注意です。

では、そういった状態の方はどうすれば良いかというと、肌本来が持つ潤う力を引き出してあげることです。単にスキンケア美容液を塗るのではなく、肌が力を出せる美容成分が配合されたリ・ダーマラボのモイストゲルプラスのようなものに見直すことがおすすめです。肌が力を出せれば肌トラブルを防げるようになるので、モイストゲルプラスなどでしっかり肌を育てていきましょう。