身体の表面を覆う表皮

シミのあるお肌って、いいものではありませんよね。

私の場合、肌をケアする上で、プラセンタ美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)の力を借りています。

洗顔後のきれいなお肌にたっぷりと与えて、他のスキンケア用品を使います。

プラセンタ美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)を使い初めてから、肌にぐっと透明感が出てきて、頑固なシミも徐々に消えてきました。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌をさします。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。よくいう「キメが整った肌」は皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、身体の表面を覆う表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを創ります。一般的に女性は年齢を重ねていくにつれお肌の表面がごわついたり、シミが気になったりしてきます。

誰にでもおこる自然な現象でもありますが、実際の見た目はどうしても悪くなりがちです。

とはいえ、スキンケアにより改善の可能性は充分あります。毎日のスキンケアを手を抜くことなく継続し、見た目年齢の若いきれいな肌を再び手に入れましょう。シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。

シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、いま一度、ご自身の肌とむきあってみてください。冬場に口元や目元が乾燥したり、くすみやすい人は注意しなければいけません。表皮が薄いと水分が保持できないばかりか時節のダメージを受けやすいので、すぐ弾力が損なわれて、色つやが悪くなります。普通にしていても皮膚はだんだん薄くなっていきますから、ただの保湿からアンチエイジングをきちんと見直してみるべきでしょう。すっかり肌のハリがなくなって、シミも増えた気がする、なんて鏡にむかって思うようになりましたら、三食毎日摂取する食事の内容を変えてみるのがいいかも知れません。食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。そのことで、シワやシミといった肌につきもののトラブルも改善される可能性があります。私たちの身体は日常の食事によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。

家で一人でチャレンジできる方法としては、なかなかレベルの高いお肌改善法であり、アンチエイジングです。食事の質を変えるのは、習慣もあってとても難しいところもあるかも知れませんが、それだけに効果は大きいので是非お試しください。

近年メジャーになったオリーブオイルというと、イタリア料理などに用いられる食用油、というのが一般的な印象ですが、体にいい成分がたくさん含まれていて、お肌のケアの一環としても役にたつと関心を持たれています。例を挙げると、オリーブオイルを使用した洗顔法があり、以前よりシミが薄くなったという意見もよくみられるため、美肌になりたい人にとってはまず試してみたい活用法です。保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミの基になるメラニン色素も増えにくくなります。

肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば水分と油分がバランス良く保持されていて、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、肌全体に紫外線がダメージを与えることを抑えられ、シミも予防できるのです。お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、ケアを怠らないでください。肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。

服装が急に中年になるワケではありませんから、やはりちがいは服の本人自身でしょう。眠っても疲れがとれないようになってきて、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが客観的にもわかるようになってきます。

もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとゲンキになりました。しかしなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。芸能人の肌をテレビで見ると美しくてシミなど見当たりません。

しかしながら、芸能人だって人間ですから、本当は肌の不調もつきものなのです。ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びる仕事ですし、悩みを解決するために、他人よりもずっと必死になるのも仕方ありません。そのやり方を参考にしてみれば、美肌を目させるでしょう。かゆみがあって、皮膚をしつこく掻き続けたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。表皮は皮膚のバリアという大切な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。